• お問い合わせ
  • サイトマップ

事業紹介

吹奏楽セミナー

  • 楽曲分析・解釈講座
  • 合奏講座(小学生)
  • 楽器パート別講座(小学生)
  • アンサンブル楽譜研究講座

保科洋の吹奏楽楽曲分析・解釈講座

保科洋の吹奏楽楽曲分析・解釈講座

開催日
平成30年4月8日(
時 間
10:00~17:30(開場9:45)
会 場
クリエート浜松ホール(2F)
※ 会場には駐車場がございませんので、公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。
料 金
無料
※ 「2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲」のスコアをお持ちください。
申 込
電話でアクトシティ音楽院(053-451-1150)へお申し込みください。
吹奏楽指導者及び興味のある方ならどなたでも
※ 中学生・高校生の参加は顧問参加を条件に5名までとさせていただきます。
※ 定員になり次第締め切らせていただきます。
内 容
~2018年度全日本吹奏楽コンクール課題曲を使って~
課題曲を題材に、アナリーゼ基礎から「フィルハーモニックウインズ浜松」による演奏を取り入れた、指導者向けの本格的な楽曲分析・解釈講座です。

[曲目]2018年度課題曲
 【Ⅰ】古き森の戦記(塩見康史)
 【Ⅱ】マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ(一ノ瀬季生)
 【Ⅲ】吹奏楽のための「ワルツ」(高昌師)
 【Ⅳ】コンサート・マーチ「虹色の未来へ」(郷間幹男)

合奏講座(小学生)

合奏講座(小学生編)

開催日
平成30年7月7日()、7月22日()、平成31年1月12日()
時 間
下記開催情報をご覧ください
会 場
浜松市立篠原小学校、アクトシティ浜松 展示イベントホール第1ブロック
料 金
入場無料(直接会場にお越しください)
申 込
聴講自由
内 容
浜松市小学校合同吹奏楽団を対象に合奏のレッスンを行います。
講 師
鈴木章男、根津和則、楽器パート別講座講師

1回目

開催日
平成30年7月7日()
時 間
9:30~12:00
会 場
浜松市立篠原小学校
内 容
曲を用いた合奏レッスン

2回目

開催日
平成30年7月22日()
時 間
14:00~16:30
会 場
アクトシティ浜松 展示イベントホール第1ブロック
内 容
マーチングレッスン

3回目

開催日
平成31年1月12日()
詳 細
決まり次第、更新します

楽器パート別講座(小学生)

楽器パート別講座(小学生)

開催日
平成30年5月12日()、6月17日()、9月1日()
時 間
下記開催情報をご覧ください
会 場
浜松市立芳川小学校、浜松学芸中学校・高等学校
内 容
市内を中心に活躍する演奏家が、入門期の指導講座を7つの楽器パートに分かれて行います。
指導の対象は浜松市小学校合同吹奏楽団の団員です。

1回目

開催日
平成30年5月12日()
時 間
9:45~12:00
会 場
浜松市立芳川小学校
内 容
演奏家によるパート別レッスン

2回目

開催日
平成30年6月17日()
時 間
9:45~12:00
会 場
浜松学芸中学校・高等学校
内 容
演奏家によるパート別レッスン

3回目

開催日
平成30年9月1日()
時 間
9:45~12:00
会 場
浜松学芸中学校・高等学校
内 容
演奏家によるパート別レッスン

アンサンブル楽譜研究講座~変則編成の可能性を探る~

森田一浩氏の体調不良のため、本講座の講師は福島弘和氏へと変更になりました。

アンサンブル楽譜研究講座

開催日
平成30年9月1日()
時 間
16:30~19:30 (開場16:00)
会 場
アクトシティ浜松 中ホールリハーサル室1号室
講 師
福島弘和 (作曲家)
演 奏
フィルハーモニックウインズ浜松団員
対 象
吹奏楽指導者及び興味のある方ならどなたでも
料 金
無料
申 込
①氏名(かな)、②学校・所属団体、③お住まいの市町村、④電話番号、⑤職業、⑥講座で取り上げてほしい内容等を記載してメール(hacam@actcity.jp)または、お電話(053-451-1150)でお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきます。
※メールフィルターをご利用の方は「hcf.or.jp」を受信可にしてください。
内 容
吹奏楽部団員の編成や構成上、演奏できるアンサンブル曲が限られていませんか?
フレックス編成譜は、メンバーの編成に合わせて演奏できるため、幅広い編成に対応でき、個性的、独創性に富んだ表現を創出できる可能性があります。
古典から近代作品を幅広く取り上げ、編成の工夫の仕方や表現の可能性をフィルハーモニックウインズ浜松の演奏で紹介していきます。

講師プロフィール

福島弘和

福島弘和 FUKUSHIMA Hirokazu

 東京音楽大学卒業、同大学研究科修了。作曲を有馬礼子氏に師事する。
 現在、オーケストラ、吹奏楽曲を中心に作編曲活動をする。
 1997年≪稲穂の波≫で朝日作曲賞入選、1999 年≪道祖神の詩≫で朝日作曲賞を受賞する。2019年度≪行進曲「春」≫全日本吹奏楽コンクール課題曲。2003、2007、2012、2013、2015年下谷奨励賞受賞。
 第20回日本管打・吹奏楽アカデミー賞作・編曲部門受賞。2001年度群馬県で行われた国民文化祭、2008、2017年全国高校文化祭の吹奏楽創作曲を担当。
 21世紀の吹奏楽“響宴”会員。尚美ミュージックカレッジ講師

演奏

フィルハーモニックウインズ浜松

フィルハーモニックウインズ浜松

 「音楽の都・浜松」初の常設プロ吹奏楽団として2011年に誕生し、「フィル浜」の愛称で親しまれる。
 メンバーは浜松市在住者及び出身者で構成されており、浜松の恵まれた音楽環境の下で育ち、さらに音楽大学などで専門的な知識を学んだ演奏家たちが集結。
 音楽監督兼常任指揮者には日本を代表する作曲家、保科洋氏を迎え、豊かに響く音づくりを目指す。
 設立当初より「保科洋による吹奏楽楽曲分析・解釈講座」や「保科洋の吹奏楽指揮法講座」「和洋奏楽」などに出演2015年10月に「音楽の日in加東2015」、同年11月に「金沢市中学生文化創造夢空間2015」、2016年11月に「世界音楽の祭典IN浜松」、同年11月には音楽監督・保科洋氏の傘寿を記念し「保科祭」を開催するなど、多岐にわたる演奏活動を展開する。
 また「浜松市中学校選抜吹奏楽団オーディション」において審査を担当するなど、浜松地区への貢献度も高く評価されている。
 2018年4月には初の自主制作CDとなる保科洋作品集「保科祭(ほしなまつり)」を発売。結成当初から培ってきた「フィル浜」と保科氏との音楽づくりの、ひとつの集大成とも言える渾身の作品となっている。 

pagetop