音楽アラカルトB: わたしのコンクール挑戦記、そしていま  

H24.9.22

 
 9/22(土)、音楽アラカルトB「わたしのコンクール挑戦記、そしていま」を行いました。今回は、今年11月に開催する第8回浜松国際ピアノコンクールをテーマに同コンクール実行委員の小川典子先生を講師にお迎えし、音楽監督の竹森道夫さんと対談をしていただきました。
 小川先生ご自身のコンクール出場者としての経験談や、審査員としてのお話を伺いました。

音楽アラカルトB(9/22)

主催者
養成セミナー(9/15)

指揮法講座B(8/24)

指揮法講座A(8/17)

小学校リーダー養成講座C(8/25)
主催者
養成セミナー(8/18)

指揮法講座@(8/10)

小学校リーダー養成講座B
(7/28)

主催者
養成セミナー(7/21)

小学校リーダー養成講座
番外編(7/14)

音楽アラカルトA(7/14)

指導者派遣
箏(6/26)
主催者
養成性セミナー(6/23)
 コンクールにより違いはあるようですが、「審査員同士で出場者の演奏の感想を言ってはいけない」「審査中に感想を表情に出してはいけない」など規定があるので、1人で感情を処理しないといけない苦労があるそうです。もちろん出場者には、緊張やストレスがありますが、審査員も同じく苦労されているのです!
 そして、対談だけではなく演奏も披露していただきました。

小学校
リーダー養成講座(6/23)

主催者
養成セミナーA(6/2)
小学校
リーダー養成講座(6/2)
中学校
リーダー養成講座(5/27)
音楽アラカルト@(5/26)
主催者
養成セミナー@(5/19)
指導者派遣
指揮法(5/23)
中学校
リーダー養成講座(4/30)
吹奏楽公開講座(4/14)
中学校
リーダー養成講座(4/8)
 
23年度
7月〜3月のレポート
23年度
4月〜6月のレポート
 
 最後に、浜松市民にメッセージをいただきました。
「出場者にとって、開催期間中は緊張がありますが、現地での出来事は必ず思い出に残るものです。出場者を温かい目で見守ってください。そして、入賞された方もそうでない方も、再び浜松に戻ってきて演奏をしたくなるようなコンクールにしてください。」

 ピアノコンクールは、いよいよ2か月後の開催になります。浜松市民として盛り上げていきましょう!!
   
   
 
   
   

Copyright(c) 2012ACT CITY ACADEMY of MUSIC. All Rights Reserved 無断転載・複写禁止