小学校リーダー養成講座B  

H24.8.3

 

7月28日、瑞穂小で小学校吹奏楽リーダー養成講座が行われました。
今回は合奏レッスンの1回目です。講師には昨年に引き続きトランペット奏者、編曲家の水口透先生にいらっしゃっていただきました。
総勢100名で「アメージング・グレース」の合奏をしていますが、この写真、よくみるとみんな色んな方向を向いて座っていますね。
これはどういうことでしょう??

小学校
リーダー養成講座 (7/28)

主催者
養成セミナー(7/21)

小学校リーダー養成講座
番外編(7/14)

音楽アラカルトA(7/14)

指導者派遣
箏(6/26)
主催者
養成性セミナー(6/23)

小学校
リーダー養成講座(6/23)

主催者
養成セミナーA(6/2)

小学校
リーダー養成講座(6/2)

中学校
リーダー養成講座(5/27)

音楽アラカルト@(5/26)

主催者
養成セミナー@(5/19)
指導者派遣
指揮法(5/23)
はい、こちらは2階から撮影した写真です。

今回は同じパートの人の音を聴きながら合奏しよう!ということで、通常の合奏隊形とは異なりそれぞれパートごとに円をつくった状態で合奏をしました。

自分が吹くことで精いっぱいになってしまうと、ついつい楽譜にかじりついてしまって隣の人の音を聴くことが疎かになってしまいます。

中学校
リーダー養成講座(4/30)

吹奏楽公開講座(4/14)
  中学校
リーダー養成講座(4/8)
   
  23年度
7月〜3月のレポート
  23年度
4月〜6月のレポート
   
   
   
   
 
 
 
 

また、合奏中に聴かなくてはいけないのは同じパートの人だけではありません。

練習では曲の中で重要な役割を果たすグロッケンの音をマイクで拾って、意識的にグロッケンを聴きながら合奏しました。

100人での合奏は大変ですが、
その部分でどの楽器が重要か考えながら演奏するだけで演奏は随分変わってくるんですね。

次の講座は8月25日。まだまだ夏が続きますが、暑さに負けず練習しましょう!

   
   
 
   
   
 

Copyright(c) 2012ACT CITY ACADEMY of MUSIC. All Rights Reserved 無断転載・複写禁止