• お問い合わせ
  • サイトマップ

イベントレポート

イベントレポート 2014/02

主催者育成セミナー 第7回

2月15日(土)、クリエート浜松にて主催者育成セミナーの第7回目を行いました。

今回は、コンサート前の最後のセミナーです。
当日のタイムスケジュールやスタッフマニュアルなど、
細かい部分まで最終確認をしました。

H25主セミ8-1.jpg

会場のどこに受付を設置するのか、誰がどこの配置につくのか。
何時に何をするのか・・・。確認することは多々ありました。

みなさん、コンサートを成功させるために、試行錯誤しながら話し合いました。
当日まで、あと2週間!!!

まだ、コンサートのチケットを手に入れていらっしゃらないみなさま。
現在、前売り券を販売中でございます。ぜひ、お買い求めいただき、会場まで足をお運びいただけると幸いです。
セミナー生一同、みなさまのお越しをお待ちしております。
コンサートの詳細はこちらをご覧ください。
主催者育成セミナー第13期受講生企画コンサート「maiko Jazz Night ~ジャズカクテルを春風と共に~」

また、ご後援を頂いている、中日新聞さんの2月11日(火)朝刊にコンサートの紹介記事を掲載していただきました。
コンサートの宣伝も主催者のお仕事のひとつですね。

H25主セミ8-2.jpg

次回は3月1日のコンサート当日です。
セミナー生のみなさんは頑張りましょうね!

カテゴリ :  2014/02/17

音楽アラカルト第5回「義太夫 耳が観る芝居」

2月9日(日)、音楽アラカルトの第5回目を開催しました。

今回は、浄瑠璃の竹本京之助さんと、三味線の鶴澤津賀寿さんを講師にお迎えし、女流義太夫の世界に

ついてお話いただきました。

 

H25アラカルト5-2.jpg

 

義太夫は、人形浄瑠璃と共に発展してきた音曲(おんぎょく)で、歌舞伎狂言にも取り入れられています。

歌舞伎や人形浄瑠璃は男性しか参加することができず、女流義太夫は、語り手である太夫(たゆう)と

伴奏の三味線、という「素浄瑠璃(すじょうるり)」と呼ばれる形式で演じられることが大半だそうです。

早速披露して下さったのは、「加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」より「草履打ちの段」

という演目です。

 

H25アラカルト5-1.jpg

 

人の声と三味線のみという構成はシンプルですが、とても迫力のある演奏に圧倒されてしまいました。

講座では、この「草履打ちの段」の台詞の一部を観客のみなさんに実際に体験していただきました。

また、講師のお二人が普段行っている発声練習も体験しました。

みなさん積極的に参加して下さり、体験を楽しんで頂けたようです。

 

H25アラカルト5-3.jpg

 

終演後も、多くの方が講師のお二人に質問をしにいらっしゃいました。

楽器や使用していた道具なども間近で見せていただき、義太夫の魅力に触れる貴重な機会となりました。

 

さて、今年度の音楽アラカルトは、今回で最後となります。多くの皆様にご来場頂き、ありがとうございました。

次年度の講座につきましは、アクトシティ音楽院のホームページやチラシ等で、随時お知らせして参りますので、

是非チェックして下さいね! 

カテゴリ :  2014/02/09

修了生公演事業(白脇協働センターコンサート)

2月3日(月)、白脇協働センターにて修了生コンサートを行いました。

今回は、サックス、クラシックギター、パーカッションによるアンサンブルです。

 

H25修了生(白脇)1.jpg

 

出演者のみなさんも、この編成での演奏は初めてということで、どんなハーモニーになるか

とても楽しみにしていたそうです。

アンサンブルでは、普段なかなか間近で見る機会のない様々な種類のパーカッションを使用し、

観客のみなさんも興味津々といった様子でした。

また、ギター、ヴィブラホンによるソロ演奏も披露して頂きました。

 

H25修了生(白脇)2.jpg

H25修了生(白脇)3.jpg

 

曲目も、映画音楽や童謡、ジャズ、演歌まで幅広く演奏して下さいました。

管楽器、弦楽器、打楽器という種類の違う楽器が集まったことで、華やかで楽しい演奏会となりました。

 

カテゴリ :  2014/02/03

  • 1

pagetop