• お問い合わせ
  • サイトマップ

イベントレポート

イベントレポート

修了生公演事業(NPO法人えんあって)

令和3年10月30日(土)、修了生公演を行いました。

出演は、大石莉帆さん(クラリネット、浜松国際管楽器アカデミー修了生)と稲垣英子さん(ピアノ)のお二人です。

「えんあって」は健康体操や子どもへの学習支援などを行い、
高齢者、障がい者、子どもたちが安心してくつろげる居場所を提供している団体です。
本日は、小学生から大人まで15名の方が集まりました。

★IMG_5610-1.jpg


初めに演奏されたのは、エルガー作曲「愛の挨拶」。
一度は聞いたことのあるこの曲でも、クラリネットでの演奏はあまり見られないそうです。
柔らかな音色に皆さん聴き入っていました。

★IMG_5624-1.jpg



★IMG_5569-1.jpg


続いて、楽器の紹介です。
「クラリネットはいくつに分解できるでしょうか?」との問いかけに、皆さん頭を悩ませます。
その答えは「インナークライマー」という曲の途中で分かるそうです。
楽器を分解しながらの演奏に、皆さんも興味深々でした。

★IMG_5589-1.jpg


クラリネットはどんどん小さくなっていき、最後にはマウスピースだけになってしまいました。
答えは5つ。普段はケースに分解して入れて持ち運んでいるそうです。


「もみじ」や「小さい秋見つけた」などの秋の名曲から、今話題のアニメソングまで披露してくださいました。

★IMG_5595-1.jpg


大石さん、稲垣さん、素敵な演奏をありがとうございました!

カテゴリ :  2021/11/01

リンク作成

定員等.pdf

カテゴリ :  2021/09/29

吹奏楽セミナー 合奏講座(小学生) 第1回

7月17日(土)にクリエート浜松にて
吹奏楽セミナー 合奏講座(小学生)の第1回を開催しました。

講師にトランペット奏者の鈴木章男先生を迎え、
「きれいな音を見つけよう」をテーマに実施しました。

IMG_8678-1.jpg

講座では最初に、息の使い方や合奏におけるそれぞれの楽器の役割を確認しました。
「『ほー』と吸ってケーキのろうそくを消すように『ふー』と吐く」
「テューバやユーフォニアムはケーキのスポンジ、トロンボーンは生クリームのように」
「スタッカートはテープを1回1回はがしていくように」
「コルネット、トランペットが細かく吹く部分は、チョコチップ」
など、例えを用いてご指導くださり、子どもたちが楽しく学んでいる姿が見られました。

また、実際に楽器を演奏して見本を見せてくださり、
どんな音が"良い音"なのか、分かりやすくご指導くださいました。

IMG_8695-1.jpg

講座の最後には、今回見つかった課題について、
今後の練習で改善していけるようアドバイスをくださいました。

次回の吹奏楽セミナーは8月28日(土)、パート別講座の第3回目です。

カテゴリ :  2021/07/17

修了生公演事業(下石田町シニアクラブみどり会)


令和3年6月30日(水)、浜松市東区の下石田町公会堂で修了生公演を行いました。


今回の出演は、野田舞さん(サクソフォン、浜松国際管楽器アカデミー修了生)と川上友貴乃さん

(トランペット、浜松国際管楽器アカデミー修了生)、稲垣満有子さん(ピアノ)の3人です。


本日は、下石田町シニアクラブみどり会の皆さん22名が公会堂に集まりコンサートを鑑賞しました。

みどり会は会員数75名ほどで、月に一度の例会のほか、週に数回の屋外活動など、積極的に活動
しているシニアクラブです。



IMG_8616-1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像


サクソフォンの野田さんは佐鳴台中、ピアノの稲垣さんは東部中、トランペットの川上さんは

地元与進中と3人とも浜松市の出身。特に、川上さんは下石田町を擁するご近所の与進中学校
の出身とあって、集まった皆さんは一気に親近感が増したようでした。
演奏会は、サクソフォンの野田さんを中心に、様々なジャンルの演奏やそれぞれの楽器について
のお話、曲にまつわるエピソードなどを交えながら楽しく進みます。



IMG_8607-2.jpgのサムネイル画像

みどり会の皆さんから見ると、野田さんはお孫さんと言えるほど年の離れた世代。
それだけに、野田さんは昔懐かしい唱歌や歌謡曲を披露するため、数十年前に流行っていた曲
などを聴いて研究されたのだそう。現在の音楽シーンで流行っている曲とは違いますが、
「昔の歌曲を調べていくうちに、曲そのものが本当に素晴らしくて、歌手の歌い方はもちろん、
歌の上手さに感動してしまいました!」と、色あせない魅力について力説してくれました。



IMG_8622-2.jpgのサムネイル画像


IMG_8619-2.jpgのサムネイル画像

サクソフォンとトランペットの組み合わせは今までやってこなかったけれど、合わせてみたら

意外にも相性が良く、お互いの楽器の良さを引き出せることに最近気づいたという川上さん。

トランペットの音の出るしくみを、飲み物や液体調味料を移し替える時などに使うプラスチック
製の漏斗(じょうご・ろうと)を使って説明。トランペットとは少し違うけれど、愛嬌のある
かわいらしいラッパの音がして、皆さんびっくり。どんなものでもラッパの形なら音が出るんですね!

IMG_8601-2.jpgのサムネイル画像

IMG_8611-3.jpgのサムネイル画像

IMG_8605-2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

最後に、シニアクラブの中のお1人の女性が「皆さんのような若い世代の方が、数十年も前の

曲を"良い曲だと感動した"と言ってくれたことが、とっても嬉しい。私たちと同じ感覚で曲の
良さを分かってもらえたことに感動しました!」と感想を話してくださいました。
他の皆さんもそれを聞いて一様に頷いていらっしゃる姿が印象的でした。


IMG_8642-1.jpgのサムネイル画像


アンコールに答えて、最後はテンポの良い懐かしいメロディを演奏。

和やかな雰囲気のなかで、コンサート終了となりました。


IMG_8648-2.jpgのサムネイル画像



野田さん、稲垣さん、川上さん、素敵な演奏をありがとうございました!







カテゴリ : お知らせ 2021/06/30

修了生公演事業(伊佐見小学校)

6月29日(火)、浜松市立伊佐見小学校にて4~6年生を対象に修了生コンサートを行いました。
出演は「栗ボーンカルテット」の伊藤梨紗さん(管楽器アカデミー修了生・テナートロンボーン)、
萩原幸枝さん(テナートロンボーン)、小野和将さん(テナートロンボーン)、栗原良紘さん(チューバ)の4人です。

0629伊佐見①.JPG

新型コロナウイルス対策ということで、1学年ずつ各20分の演奏会を3回、
体育館に十分に広がって距離を保ちながら演奏会を開催しました。
20分という短い時間でしたが、色々な曲が盛り沢山の聴きごたえのある演奏会でした。

0629伊佐見②.JPG

まずはトロンボーンとチューバの楽器紹介です。
「トロンボーンにはボタンがなく、スライドを伸ばしたり縮めたりして音を変えます。」と伊藤さん。
チューバは見た目の通り低い音で、縁の下の力持ちな役割を持つ楽器。約10kgでお米と同じくらい重いんだそうです。
楽器を初めて見る子供たちも多かったようで、興味津々な様子で説明をきいています。

0629伊佐見③.JPG

栗ボーンカルテットさんのオリジナル曲「驚いた栗」も演奏してくださいました。
手で栗の形を作って、歌詞に合わせて手を広げたりポーズをする手遊び歌です。
なんとチューバの栗原さんが歌を担当!
驚いて「びっくり」、落ち込んで「がっくり」、眠たくなって「こっくり」と、手と表情で参加しました。
大きな声を出せない時期でもみんなで楽しめましたね。

0629伊佐見④.JPG

演奏会の最後には、
「色んな曲を聞かせてくれてありがとうございます。」
「今日は楽しい演奏をありがとうございました!」
と代表の児童たちからお礼の言葉と花束が贈られ、盛大な拍手で感謝の気持ちを伝えました。

0629伊佐見⑤.JPG

栗ボーンカルテットの皆さん、ありがとうございました!

0629伊佐見⑥.JPG

カテゴリ : お知らせ 2021/06/29

pagetop